即効性を求めるならレビトラで決めよう!

高血圧では併用することができないレビトラ

バイアグラの次に誕生したED治療薬としてレビトラがあります。レビトラはドイツを本拠地とする世界的製薬メーカーによって開発されており、医薬品としては保険適用外となるために処方においては自費にて購入をする必要があります。日本では2004年4月に厚労省より許認可をうけており、5mgから10mg、現在においては20mgの販売が行なわれています。
レビトラでは、使用にあたっての禁止要項を掲げており、摂取をする場合には内容を十分に確認をすることが重要になります。まず、併用禁忌薬があり、ここでは、飲み薬を始めとして舌下錠や貼り薬、吸入薬や塗り薬やスプレーに至るまでの硝酸剤が禁止されています。他にも、HIV治療薬となる抗ウイスル薬、水虫などのカビによる感染症治療薬となる内服の抗真菌薬、不整脈薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬に関しても同様の扱いとなっています。
次に、レトビア錠の服用によってアレルギーを起こしたことがある人や、心血管系障害などがある人、最近6ヵ月以内に脳梗塞や脳出血を起こした人、重い肝障害のある人に関しても使用禁止となり、女性や未成年に関しても使用することができないことになっています。
レトビアの使用に関しては、特に、血圧に関連する内容が多くなっており、それは併用禁止薬においても指摘が行なわれています。処方ができない人の内容においては、血圧に関して具体的な数値で表現がなされており、まず、低血圧の人に関しては最大血圧値として90mmHg以下の人が対象となっています。高血圧の場合には最大血圧値が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上の人がその対象となっており、該当をする場合には絶対に服用することを避ける必要があります。