即効性を求めるならレビトラで決めよう!

年齢とED|レビトラ薬の匂い

レビトラは第二のED治療薬として開発された、飲んですぐ効くというのが特徴の薬です。
勃起は性的刺激や興奮を受けるとNO(一酸化窒素)が放出されて、ペニスの細胞の中にcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という血管拡物質が増えることで起こります。
通常ではcGMPは壊されて血管が収縮してしまうのですが、レビトラを飲むとcGMPを壊すPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きが阻害されて、cGMPがいつまでも残るようになります。
こうすることで、勃起を維持させやすくしてくれます。
レビトラは薬の周りははオレンジ色をしていますが、中身は白い錠剤です。海外製品の薬は、薬の匂いが鼻に付くことがあります。埃っぽい匂いで、下に触れた時に吐き気がするような味がして飲みにくいものもあります。しかし、レビトラは口コミでは、鼻に付く匂いは感じないと言われています。
レビトラを飲む時には水が望ましいですが、それ以外の飲料でも大丈夫です。ただし、お酒に弱い人がお酒でレビトラを飲んでしまうと、血管拡張作用が強く出すぎて一気にお酒が回って倒れてしまう危険性があるので注意が必要です。できるだけお酒で飲むのは避けるようにしましょう。
EDは年齢が上がると起こりやすくなる症状です。人間の血管は、どんな人でも徐々に弾力性を失っていきます。いわゆる動脈硬化というもので、これが起こることでペニスに十分な血液が流れなくなり、EDになる確率が上がります。
年齢によってリスクは高くなるので、特殊な病気ではないということは理解しておきましょう。初期症状であれば治療薬を飲んで予防することで、若い時と同じように性行為を楽しめる可能性があります。