即効性を求めるならレビトラで決めよう!

レビトラの効果及び薬品の匂いの問題や年齢の制限

レビトラは2003年にドイツに本社を置くバイエル社から発売されたED治療薬です。バイアグラに次ぎ世界で2番目に開発されたもので、日本では2004年に認可されています。
勃起は性的刺激や興奮を受けることで一酸化窒素が放出され、局部の細胞内に血管を拡張させる物質が増加して起こります。レビトラは有効成分のバルデナフィル塩酸塩水和物が、勃起を抑制する酵素5型ホスホジエステラーゼの働きを妨げることで、勃起補助の効果を発揮します。
バイアグラとの違いは食事の影響を受けにくいことですが、摂取する総エネルギーのうち、脂肪の割合が30%以内とされています。
レビトラの有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物で、水に溶けやすい性質を持っています。このため最高血中濃度に達する時間が1時間以内と、他のED治療薬に比べると最も早くなっています。
レビトラの副作用としてはバイアグラと同様、顔がほてったり、目が充血する症状が現れる場合があります。 頭が痛くなったり、動悸が激しくなったり、鼻が詰まってしまうこともあります。 服用後約5~6時間で改善しますが、服用後10時間以上続く場合は、医療機関や処方した薬局に相談する必要があります。
レビトラは女性の他、既婚者を除く20歳以下の年齢の人、硝酸剤を使用中の人、重い肝障害や腎障害のある人、6か月以内に脳梗塞や心筋梗塞を起こした人などは利用できないので、注意が必要です。
国産品の場合ではあまりありませんが、海外で生産されたレビトラには、人によって錠剤の匂いが気になる場合があります。この様な時は国産品や、海外製品の中でもフルーティな匂いを付けて薬品臭を消しているものなどを利用すると便利です。